SEO対策の依頼をする・・・

SEO対策を依頼すると多くのケースで相互リンクを募集する!と思いますが、それでいいのか?
自分は名刺作成なのかそれとも何なの?

《SEO対策を相互リンク募集のみにて進ませると~》



SEO対策では第三者へ依頼することがあるでしょう。すると、相互リンク募集をしていくことがあります。これに異論はございません。現在も重要ですし、グーグル検索エンジンでも総合的に考え、この評価などで順位が決まることが多いからですね。

正直、名刺作成そしてまた~目立つ名刺デザインなどは同じように見えてこれらは別の単語であり関係薄ですから注意してください。 
中身(コンテンツ)など考えたってそこでの評価は微々たるものでしょう。SEO対策の依頼であればそれを難しくするグーグル検索エンジン側。

ところがだ、きめ細かな「SEO対策」の内容だとか、確認すると「名刺作成では目立つ名刺デザインの追加…」などというのは注意が必要です。こちらは関係のない別物でして、それのみにて進ませると~概ね大規模なホームページが圧倒的有利。
その知名度ゆえに、素人達から関係会社、さらにグループ会社に至るまで、大量の相互リンクができる理屈で。
きめ細かなSEO対策が必要ない。

我々!?規模小な者達には…
それでは、「相互リンク募集を主としない!」となれば、見ているのは‘単語’しかございません。(たとえば自分で名刺作成だとか?別の名刺デザインの扱いなど~)
依頼するならまずは追加なさってください。

このように、依頼するのであれば《Yahoo!SEO対策》にするだとか、内容を考えてもっとニッチな単語にしても良いでしょう。(ライバルを減らそう)
またこれも別物であるので注意してほしいが、《SEO》というそのものずばり、そしてまた《SEO対策》の切り分けだ。 これはしっかりと考えて、相互リンク募集をする時でも特化しないといけません。
昔は、ひとつだけ総合的な評価が高くなれば別のキーワードもひっかかった傾向があります。
ところがだ、近年のグーグルはその切り分けが進んでいる~

---上位に似たようなホームページを表示したくない---
(現実に、グーグル検索エンジン側の者が紹介しております)

さて、ここで御検討いただきたいのは、内容(テーマ)を特化させるSEO対策の方法だ。
注意事項として確認して下さい。 仮に、自分が《名刺作成》だとすれば~ホームページに名刺デザインなどと、どうしても追加したくなるが、いずれも別なのです。
(トータルで表示させたいのはわかりますが…)

《名刺作成》でございますと確認するものとしてはいろいろあり~内容は広範囲ねっ!あまり入れるとパワーが分散する。

さて、大戦争が三つ繰り広げられているとしまして…
戦争名が~《①御名刺》そしてまた《②自分は名刺作成なのかそれとも何なの?》さらに《名刺デザイン》…
などと追加するとして、規模小な我々が、三つも大戦争を進められるでしょうか???

いずれかに特化させるのが得策なのがおわかりでありましょう。
たとえば、自分が名刺作成をするという内容であればあくまでもそれのみにする。
『名刺作成』という単語での~SEO対策 こちらは確認が必要です! これらは理屈ではなく、実際のSEO対策の検証にて明らかなのでございます。

グーグル検索エンジン側が億単位のホームページ群をどのように順位付けしているか鑑みれば、きめ細かなSEO対策も意外と簡単にわかること。
自分は名刺作成なのかそれとも何なの?…これを決めることです。


---SEO対策を鑑みたサイトのボリューム?---

このボリュームでございますが、ページ数の多い少ないです~

【相互リンクなどが多いメリット】
内部被リンクの増加によりサイト全体がパワーアップ傾向。また、 見た目が立派ならではなのが、SEO対策を相互リンク募集のみにて進ませやすいこと。
(ほとんど見た目で評価されるからです)

  【相互リンクなどが多いデメリット】
存在根拠が薄いほどグーグル検索エンジンは低評価~ゆえにサイト全体の足を引っ張る可能性。 (たとえばTOPPAGEの順位を落とすことにもなります)

  【少ないメリット】
これは、足を引っ張るマイナス・ページが少ない。また作成自体が楽チン。

  【少ないデメリット】
内部被リンクが増加しません。そしてまた立派とならず長期的に考えると致命的か。。
-----------------------------------------
多いと別の単語が増え、グーグル検索エンジンにて幅広くひっかかる。
しかしながらパワーは分散するので、いたずらにボリュームを増やすのは本末転倒でございましょうね。


---第三者へ依頼をする時の重要な注目点---

さて、「SEO対策では相互リンク募集をしたい!」ということに異論はございません!」
ご自身でも進められるが~ここでは大まかに[高コスト]それとも[低コスト]?というのが第三者へ依頼する時の重要な注目点でございます。
管理人や対策人のコスト/サーバーやドメイン料金/ビルなどの賃貸料金/
あるいは宣伝費・・・などまでが含まれるでしょう。

大規模なホームページですと、複数人関わってることがほとんどですし、中には営業マンのコストも含めなければならない。 また、誰でもチェック出来る内容程度でも必要以上に立派な資料作成をしがちですので、そういうことでも高コストになりますね。

当然大規模なホームページなほどトータル料金は高くなる傾向ですが…
「ドコに使われているか?」が大問題!
エアボーングのように?相互リンク募集にきめ細かいだとか、SEO対策にとても注意をしていて、深い検証などにコストが使われているのならば良し。
しかし現実には、営業マンの給料やビル賃貸料~などへ行くわけです。
これをあなたが払ってるのですよ!!!

このように、純粋に残るコストは極僅かとなります。
その程度で、深い検証をできるわけないでしょう、こちら注意が必要です。
よく見てください。「名刺作成」であれば「名刺デザイン」などを一緒にするだけです。(確認するとわかります。)


相互リンク募集のみにて進ませると~それでいいのか? これは評価が高いとは限らないというだけで成功事例もたくさんあります。
ただし、失敗事例はもっと多く、それが世に出ることは少ないのが現状。しかも公表しません、隠します。
そして成功事例ばかり目に付いてしまうわけです。

エアボーングが申したいのは~[大規模なホームページ=高ノウハウ] ではない、と言うこと。
また~[順位実績が高い=高ノウハウ] これも今一つ当たってません。
なぜなら超高コスト型ですから。
ご覧になってる方々は、SEO対策の依頼を低コスト型にてしたいのでは?

たとえばですがね、、‘自動車’でグーグル検索エンジンでみてください。
ノウハウレベルの高そうなのが並んでますか???
ノウハウレベルがゼロに近いホームページのみでございましょう。

あなたが望んでるのは……
「ん~なんでこんなのが上位なの???」というSEO対策なはず。
一例として・・・激安のみのホームページは多いがこれは…
激安のみの~SEO対策に♪どうぞ。

gaiyou